ホホバオイル販売店

検索
 検索
商品カテゴリー
     
        
オーガニックホホバ
オイル
ドクターズコスメ
Lejaufum (ナチュアロ)
ドイツ・フランスオーガニック商品
ベビーマッサージ
アロマ
プレアシリーズ
オーガニックアルガンオイル
飲む日焼け止め
アラニン
エッセンシャルオイル
Khadi自然派商品
 
インカオイル社とは?
 
 
コミュニティー
     
 
 
カレンダー
     
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
 
1.BjHab美容プロフェッショナルポータルサイト
2.利用客の増大を実現する短時間ヘッドクレンジング動画
3.オイルで過酸化脂質除去!ホホバオイルクレンジング動画
4.高沸点植物油ホホバ&アルガンでアイロンの熱ダメージを軽減/ストパー活用例動画
5.高いスパ比率を実現成功のポイントと最新テクニック/オーガニックホホバオイルヘッドスパ最前線セミナー
6.短時間施術で圧倒的な効果を体感させる最新スパテクニック
7.グロスバーム使用テクニック:ツヤ・束感・セット力を実現
☆ヘッドクレンジング&フェイシャル公式セミナー
 
ヘアークレンジング
 
For hair salon(美容室向け) For hair salon(ご家庭向け)
 
【美容室向け】オイルヘアークレンジング テクニックの流れヘ
 
アークレンジングにはDeodorisedをお勧めします。
 
Step1 湯洗い(プレシャンプー)
オイルをなじみやすくするために、塗布する前、髪を濡らします。
(この時にシャンプーをすることで、シャンプーをしても汚れが残っているのを確認して頂けます。)
 
1回のオイルの使用量6〜8CC程度

<塗布の仕方(満遍なく塗布するポイント)>
【 前頭部 】
センターのGPから両サイドに分け、頭皮に直接オイルを塗布していきます。(3カ所位)オイルを塗布したら、親指でオイルをなじませるのがポイントです。次に両サイドも同じように髪をかき分け取り同じようにオイルを塗布していきます。(3カ所位)

【 後頭部 】
センターから髪をかき分けて下から上へオイルを塗布していきます。

 
Step3 ヘッドマッサージ
<マッサージの目的>
  • オイルの浸透を高め、頭皮への毛穴の奥の汚れを浮かせます。
  • 血行を促し、肩こり・頭痛等の疲れを癒していきます。

<マッサージのポイント>

  • 指の腹で、ゆっくり体重をかけながら圧を入れていきます。
  • 頭部の筋肉を捉えるイメージで行ってみましょう。
ヘッドマッサージ:説明画像
<マッサージにおける注意事項>
  • 指先だけで行おうとすると、指を痛めてしまう原因となりますので、身体で体重をかけるように行いましょう。
  • ゆったりとしたリズムで行うことで、よりリラクゼーション効果を高めます。
  • 基本的に健康的な方を対象としてください。
 
Step4 乳化〜シャンプー

マッサージ後、シャンプー前に乳化を兼ねてお湯で洗い流します。このときに、シャンプー台に栓をしてお湯をためながら行うことで、シャンプーでは落ちなかった汚れを見ることができます。
(汚れの部分:過酸化脂質やシャンプー・ワックスの洗い流し)

<シャンプーのポイント>
余分な油分をしっかり洗い流すため、ヘッドクレンジング後のシャンプーはしっかり行ってください。 揉み込むようにシャンプーする事で、オイルをしっかり洗い流す事ができます。

乳化〜シャンプー:説明画像

ヘアー&頭皮のケアの状態

 
ホホバオイルお試し後:ホホバオイルは髪の髄質まで浸透できるので毛皮質や
 
オイルクレンジングの有効性
  • 頭皮の過酸化脂質を除去し、頭皮のターンオーバー(成長細胞)を正常化する
  • 毛根の健康により、より健康な毛髪が育つ
  • 頭皮の過剰な皮脂分泌や、じっとりフケ、乾燥による痒みやパサパサフケを
    改善→皮質の分泌をコントロール
  • 頭皮への栄養(ビタミンA・E/ミネラル/アミノ酸など)
  • 皮質膜同様の頭皮と毛髪の保護
  • NMF(皮質膜内の天然保湿成分)
 
お客様の様々なニーズに合った提案が可能に・・
  • 頭皮の過酸化脂質を除去し、頭皮のターンオーバー(成長細胞)を正常化する
  • 毛根の健康により、より健康な毛髪が育つ
  • 頭皮の過剰な皮脂分泌や、じっとりフケ、乾燥による痒みやパサパサフケを
    改善→皮質の分泌をコントロール
  • 頭皮への栄養(ビタミンA・E/ミネラル/アミノ酸など)
  • 皮質膜同様の頭皮と毛髪の保護・NMF(皮質膜内の天然保湿成分)
 
動画はこちら
 
 
【美容室向け】フェイシャルクレンジング テクニックの流れ
Step1 クレンジング
メイクの汚れにオーガニックホホバオイルをやさしく馴染ませ、その後水で湿らせたコットン等で拭きとります.
 
Step2 オイルの塗布
インカオイルオーガニックホホバオイルを3ml程度手のひらに取り、デコルテから首、フェイスに塗布します。 この時に、手の平で馴染ませてから温める事で、肌になじみやすくなります。
 
Step3 リンパマッサージ
  1. 鎖骨のくぼみ部分を中指や薬指を使って内側から外側に向けてやさしく流していきます。
    はじめに鎖骨部分を流すことでリンパの出口をつくり、老廃物を排泄しやすくします。
  2. 1で流したリンパを親指で、腕の付け根から腋に向かって流していきます。
  3. 次に首に移動し、耳の下から鎖骨に向かって指の腹でリンパをながしていきます。
  4. フェイスライン(顎の骨をはさんで)を中指と薬指を使って、内側から 外側に向けて耳の下まで流していきます。同様にフェイスラインから 上部に少しずつ上がりながら、口角・頬骨・眼の下・眉・額を流していきます。
  5. 額まで流したら、フェイスラインに沿って耳下から首すじを通って、リンパを鎖骨まで流していきます。
  6. 肩を親指でほぐし、1、2を再度行い、終了です。
 
ポイント
  • 指の力で強く流すのではなく、体重を少しかけてソフトに流す。
  • 骨の際は、老廃物が溜まりやすいので、念入りに流す。
 
動画はこちら
 
ページTOPへ戻る
 
 
【ご家庭向け】オイルヘアークレンジング テクニックの流れ
Step0 シャンプー剤と混ぜる場合
ホホバオイルを100円玉大くらいシャンプーに混ぜシャンプーをすることで、 髪についたスタイリング剤等を落としやすくします。
 
Step1 オイル塗布 〜シャンプーと混ぜない場合〜
<つけ方とマッサージポイント>
髪を濡らし、ホホバオイル(6~8cc)を髪を分けながら頭皮全体に直接塗布していきます。 口が先の細かい容器に入れ替えると、頭皮に直接塗布しやすくなります。
 
Step2 ヘッドマッサージ
全体的にオイルを塗布したら、揉み込むように指の腹で頭皮全体をマッサージしていきます。
特に髪の生え際、前頭部、頭頂部は疲れがたまりやすく、気持ちのいいポイントですので、
念入りに行いましょう。
また髪の痛みや乾燥が酷い方は、髪にもオイルを揉み込んで頂くと、 まとまり易くなります。そのまま湯船等につかりながら5分程蒸らします。
 
Step3 シャンプー
マッサージ後、シャンプー前にお湯でよく洗い流します。
洗面器等に流したお湯をためながら洗い流すと、汚れを目で見ることができます。
(色のついた洗面器がお勧めです。汚れは個人差がございます)
シャンプーは油分をしっかり落とすために、通常より念入りに行ってください。
頭皮を揉み込むように洗うのがポイントです。
シャンプー後は、リンスは必要ありません。
髪を乾かした時にツヤが出て、フワっと立ち上がりの良さを感じてください。
また、1ヶ月に1度は、美容室にて頭皮のオイルクレンジングをお勧めいたします。
ホホバオイルお試し後:ホホバオイルは髪の髄質まで浸透できるので毛皮質や
 
動画はこちら
 
ページTOPへ戻る
 
【ご家庭向け】フェイシャルクレンジング テクニックの流れ
Step1 クレンジング
オーガニックホホバオイルを500円玉程取り、マッサージをしながらメイク の汚れをやさしくなじませ、
その後、水またはぬるま湯で洗いながします。 水で湿らせたコットンなどで拭き取った後流しても結構です。
 
Step2 洗顔
オーガニックホホバソープを泡立て、やさしくお肌になじませるように洗顔をします。
 
Step3 リンパマッサージ
オーガニックホホバオイルをデコルテから首・お顔のリンパを流していきます。
(リンパマッサージはサロンケアを参照)
リンパを流しながら、お肌に十分オイルをなじませて終了です。
※ホホバオイルを十分になじませることで、お肌をやわらかくし化粧水の浸透を高めます。
しっかりなじませることがポイントです。
 
動画はこちら
 
ページTOPへ戻る